AGAは簡単に言うと若い時に発症してしまうハゲや薄毛のことです。早い人だと10代の後半から20歳前後でなってしまう恐ろしい症状です。若いから大丈夫とは言えません、気になっているあなた、確実に忍び寄ってきていますよ。

AGAは薬で初毛が生えてきます

AGAとは、男性の薄毛の症状のことを言います。これは、最近になって、呼ばれるようになってきた呼び名です。以前はこうした病名はついていませんでした。しかし、薬で治療できるようになったため、こうした病名で呼ばれるようになったのです。AGA は基本的に薬で治療します。内服薬のプロペシアという薬を飲みます。この薬は最初はアメリカで使用されていたものでした。しかし、日本では使用されていませんでした。なぜなら、副作用の心配があるというので、認可されていなかったのです。それでも、アメリカで、長年使用されるに従って、その安全性も認められたので、日本でも使用が許可されるという事態になったのです。

プロペシアは、長期間飲まないと効果を発揮しません。最低でも一年間服用し続ける必要があります。しかし、プロペシアは高額です。一か月の代金が7500円ほどかかります。一年間服用した場合、10万円ほどかかってしまいます。プロペシアがなぜこのように高くなってしまうのかというと、保険がきかないためです。日本の保険制度は、美容関連の治療には保険がきかないようになっているのです。

しかし、代金は非常に高いですが、効果も高いのがプロペシアです。例えば、前頭部が地肌が見えるほどハゲていた男性は、一年間プロペシアを服用した結果、前頭部から初毛が生えてきて、地肌が見えなくなりました。また、3年間服用を続けた男性は、頭頂部のハゲていた部分から、初毛が生えてきて、頭頂部は黒々として、地肌が見えなくなりました。このように、プロペシアを飲むと基本的に初毛が生えてきて、地肌が見えなくなるのです。ですので、やはり、AGAの治療には、プロペシアの服用というのが一番効果的です。