AGAは簡単に言うと若い時に発症してしまうハゲや薄毛のことです。早い人だと10代の後半から20歳前後でなってしまう恐ろしい症状です。若いから大丈夫とは言えません、気になっているあなた、確実に忍び寄ってきていますよ。

AGA治療薬と皮膚、プロスカーのメリット

髪の毛が人に与える影響は意外に大きいものです。一見、ちょっとした見た目くらいにしか関与していないように思われますが、AGAなどの症状によって毛が抜けてしまった場合は見た目の変化以上に、精神的な影響が多く、自信がなくなってしまったりなどのデメリットが懸念されます。このようにAGAは多くの影響をもたらすため、近年では病気の一つとして扱われるようになりました。医学的な見地からの考察も頻繁に行われるようにな、プロスカーなどのAGA治療薬の販売も積極的に行われるようになりました。
AGAの治療方法としては、現状二つの成分が有力なものとしてアメリカの専門機関において承認されてり、その二つに関しては多くの臨床実験のデータなどから安全性と薬としての性質が明らかになっています。プロペシア、ミノキシジルと呼ばれる二つの有効成分はそれぞれ異なる作用の仕方をし、プロペシアは内服的に、ミノキシジルは頭皮などの外部から治療を行ってゆきます。ミノキシジルの方が頭皮など、外部的な部分に作用するので、副作用も皮膚のみだったりと軽度になる傾向があります。プロスカーのメカニズムとしては、プロペシアに近いものでこの薬品もフィナステリド製剤となっています。フィナステリドはプロペシアの作用の重要な部分を担っている成分で、5-α還元酵素の働きを抑制することによって男性ホルモンの変質を防ぎAGAを防ぎます。プロスカーはプロペシアよりも有効成分であるフィナステリドの含有量が高くなっているため、よりよい効果を期待することができます。また、ジェネリック医薬品も発売されているので金銭的な負担に関しても比較的少なくAGAの治療を行うことができます。